×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     
  1967年 8月10日 東京品川工業地帯で生まれる。

1993年 土方巽 舞踏記念館 アスベスト館にて開催された、
舞踏ワークショップ “アイコンとしての身体” に参加。

以降 クラブ、ライブハウスなどでソロ舞踏パフォーマンスを展開。

また五年間に渡り 故土方巽と長年舞踏を共にした
故元藤あき子氏により舞踏を師事。

国内はもとよりアメリカ、ポーランドでの舞踏公演に参加。

1996年 6月 舞踏家 点滅、美術家 呂師とともに 赤色彗星館を結成、
“暗黒遊戯” をテーマに作品を展開。

2005年10月 慶応義塾大学主催 ドイツ ロシア舞踏ツアーに参加
初の赤色彗星館 海外公演となる。 

2006年 9月 赤色彗星館 活動を封印。

以降ソロ活動に専念、同年11月 フェティッシュパフォーマーであるCoCoと
ともに アムステルダム クラブツアーを成功。

2007年 8月 自らの舞踏活動を nuganuga と名命。

初の映像作品 【BOTAI】 を発表。

2008年 現在 ソロ活動を勢力的に展開中

フェティッシュイベント毒蟲。 ゴシックイベント Tokyo dark castle。
club theatic show 等 にレギュラー出演中。

舞踏講座は 東京と大阪 にて開催中。

また 1996年より “漆黒の旋律” をテーマにDJとしても活動中。
 
     
 
     
 

Born August 10, 1967, Tokyo-Shinagawa industrial zone.

1993, Took part in a Buto workshop, "A body as an icon" which is hold at Tatsumi Hijikata Memorial Asbestos Studio.

Later went on to perform Butoh by himself at various club events.

Learned about Butoh from the late Akiko Motofuji who had been a great partner of the late Tatsumi Hijikata for 5 years.

And has performed with her a lot of stages in Japan, US and Poland.

1996, June, Sekisyokusuiseikan has been established with a Butoh dancer Tenmetsu and an artist Roshi , that thema has been "Ankokuyugi"(Dark Play).

2005, October, First Butoh tour for Germany and Russia, which sponsored by Keio University.

2006, September, "Ankokuyugi"(Dark Play)was sealed.

Later performs solo stages. November, Successful Amsterdam club tour with a fetish performer Coco.

2007, August, Named own Butoh activity "nuganuga ".

First visual artwork "Botai" (the mother's body)has been released.

2008, Enthusiastically performs a lot at events such as Fetish event "Dokumushi"(poisonous insect), Gothic event "Tokyo dark castle", club Theatic show and more.....

Workshop is holded at Tokyo and Osaka.

Also has spin as DJ since 1996, thema is "Shikoku no senritu"(Jet black melody).